https://nlabstudy.com

ブログ ブログ

通知表に1もしくは5が付かない件に関して

投稿日:

今年の授業短縮に当たり、信じられない発表が行われました。

「授業日数が少なく、主に実技4科目に1、もしくは5が付けられない可能性がございます」

うーん、いいたいことは正論かもしれないが、それって、生徒苦しめるだけでは?

2学期には通常の評価に戻りますとの記載もありましたが、公立高校を狙う生徒にとっては、

結構死活問題。

なぜなら、1学期の成績で私立の確約もらって、本命の公立高校を受験するから。

もしないまま2学期を迎えると、内申点対策、入試対策をダブルに行わないといけない。

しかも今年は遅れてる分を取り戻すため、日程もただでさえもきついのに。

なんか、そもそも思うことがあって、学校の通知表って、結構どころか、かなり主観が入っていて、
以前からおかしいなと思っておりました。

本当に、生徒が被害者なのがかわいそう。

そんななか、救いもありました。

今日、成立学園さんが塾に訪問くださって、入試の説明をしていただきました。

私立ですが、公立高校の入試範囲に絞って入試問題をつくりかえるとのことでした。

予想では、私立は入試範囲縮小無しだろうと予測していたので、とても助かります。

そして、現場で働いていらっしゃる教育関係の皆さん、本当にお疲れ様です。

子どもたちの将来が良くなるような教育システムになるといいなと心の底から思っております。

友だち追加

  • この記事を書いた人

nlabstudy

-ブログ, ブログ

Copyright© 板橋区役所駅前 個別指導塾エヌラボスタディ , 2020 All Rights Reserved.